バイアグラってどんな薬

ここでは、ED治療薬の代名詞バイアグラについて詳しく紹介しています。

TOP > ED治療薬の種類 > バイアグラ

バイアグラ

薬としての本来の名称は“シルデナフィル”

バイアグラ

ED治療薬の代名詞となっているのがバイアグラ。ところで、バイアグラはなぜEDに有効なのでしょうか。
バイアグラの有効成分となっているのは、「クエン酸シルデナフィル」という成分。バイアグラとは開発元のファイザーが付けた商品名であって、薬としての成分にあたるのはシルデナフィルなのです。
シルデナフィルは、血管を拡張させる物質を分解してしまう物質の酵素活性を阻害します。従って分解されていた血管を拡張させる物質の量が増え、血管が拡張することに。そうなることで血流が盛んになりますから、これまで性器に十分流れてこなかった血が大量に流れ込むことになり、ED前と遜色ない状態を生み出すことができるのです。
ED治療薬としてのバイアグラを服用する上で、気を付けてほしいのはこの「血管を拡張させる」というところ。禁忌とされる飲み合わせや副作用なども、すべてここから派生してきます。

服用時に絶対やってはいけない禁忌事項

前述のとおり、バイアグラは血管を拡張させる医薬品です。何事も過ぎたるはなお及ばざるがごとし。そのために、血管を拡張させる類の医薬品と同時に飲むことは禁忌とされています。登場して間もないころ、まれに「服用して心臓発作が起きて死亡」という報道がされることがありましたが、それも血管拡張する薬と服用してしまったがために起きてしまったことがほとんど。心臓病の薬として広く使われているニトログリセリン系の薬との併用は命に関わりますので、くれぐれも気を付けないといけないのです。

バイアグラを飲む前にちょっと覚悟が必要な副作用

「風邪薬を飲むと眠くなる」なんて言われていますよね。医薬品には、医薬品の種類や服用する人によって程度の違いはありますが、多かれ少なかれ副作用を伴ってしまいます。
バイアグラの場合、副作用として発生してしまうのは顔のほてりや目の充血。人によっては頭痛や動悸、鼻づまりなどを感じることもあるかもしれません。これらの副作用は、すべて血管が拡張されることによって引き起こされるもの。さすがに都合良く、性器周辺部だけの血管を拡張することはできませんので、身体全体の血流がよくなってしまうのです。

ちょっと雑学:バイアグラ開発秘話

血管を拡張させることで必要な時間、EDを治療する。そのような薬が開発されたのは、実は偶然の産物だったのです。
元々、シルデナフィルの血管を拡張させる成分に着目した開発元の製薬会社ファイザーは、心臓病(=狭心症)の薬としてバイアグラを開発しようとしていました。ところが、いざ薬ができて、狙いどおりの効果が出るかと臨床試験を繰り返しているうちに、性器が元気になってしまうことに気が付いてしまったのですね。ビジネスとして考えると、ED治療薬として売り出した方が売れるのかも……。そんな経緯から、ED治療薬として大いに注目を集めながら市場に登場したのがこの薬なのです。

このページのトップへ