シアリスってどんな薬

ここでは、持続力が高いED治療薬のシアリスについて詳しく紹介しています。

TOP > ED治療薬の種類 > シアリス

シアリス

翌日まで効果が持続する異色のED治療薬

シアリス

世界的に普及している三大ED治療薬、バイアグラ、レビトラ、シアリスの中でも、シアリスは異色の医薬品となっています。シアリスはほかの2つの薬とどこが違うのか。それは薬が効く持続時間が非常に長く、ほかの2つが数時間で終わってしまうところ、シアリスだけは24時間程度、人によっては最大で36時間ほども効果が持続してしまうのです。
その理由はシアリスの有効成分であるタダラフィルの化学構造式にあります。タダラフィルはブロック状の構造をしているため、服用してから吸収するまでに時間が掛かります。ゆっくりと体内に取り込まれますから、その分、持続時間も長くなるわけです。シアリスの場合、勝負日の前日に飲んでおけば大丈夫ですから、飲み忘れも防ぎやすく安心できますね。

食事の影響も少なく、自由なタイミングで服用OK

シアリスもバイアグラやレビトラと同じく、血管を拡張することでEDから回復させてくれます。そのために併用禁忌とされているのは、血管拡張系の医薬品。ニトログリセリン系統の薬との併用は禁忌とされていますから、くれぐれも注意するようにしてください。
シアリスの特徴となってくるのは、食事の影響を受けにくいところ。ほかの2つのED治療薬は食前に服用することが必要ですが、シアリスは食後に飲んでも大丈夫です。効果時間も長くなるので、ずぼらな人にはありがたい薬だと言えるでしょう。

副作用が控えめな分、効果も控えめ?

シアリスは長時間にわたってゆっくりと吸収される薬。従って、副作用なども起こりにくく、レビトラやバイアグラを飲むのが怖い人なら、まずはシアリスから試してみるのがいいかもしれません。ただ問題になってくるのは、副作用が起こりにくい分、効果が表れにくい人も多いということ。ゆっくりじわじわ効いてくるので、効果を実感しづらく、肝心の「ED治療」の面で恩恵を享受できない人も出てきてしまうのです。
結局のところ、バイアグラ、レビトラ、シアリスのどれが効くのか、どの薬で副作用が現れやすいのか、というのには個人差があります。いろいろと試してみて、自分にぴったりな薬を見つけ出すことが大切なのかもしれませんね。

ちょっと雑学:安心する分、EDにも効果?

シアリスは最大で36時間も効果があります。金曜日の夜に服用しておけば、土曜日のことは一切心配無し。ですから週末はシアリス1錠で大丈夫ということで「ウィークエンド・ピル」とも呼ばれています。
ほかの薬は効果時間が短く、食前に飲まないといけないため、いざ本番に臨もうとした時に焦ってしまう人がいるかもしれません。どのタイミングで飲むべきか、デートの最中、気になりすぎてしまって肝心のパートナーの機嫌を損ねてしまうかも。
精神的な焦りはEDには禁物。2回戦、3回戦と楽しみたい人にとっては、精神的にゆとりを持って臨める分、シアリスの方が効きやすい人が出てくるかもしれませんね。

このページのトップへ