危険な目に合った個人輸入リアル談を漫画で解説!

ここでは、漫画にしながら個人輸入で危険な実話を紹介しています。

TOP > 漫画で分かる!個人輸入の体験談

漫画で分かる!個人輸入の体験談

漫画ですけど実話です!個人輸入のリスクとは

バイアグラを個人輸入することの危険性について、このサイトではさまざまな角度から取り上げていますが、「ピンと来ない」と感じている方もいらっしゃるのではありませんか?
文章だけでは伝わりにくいところもあるかと思いまして、こちらでは個人輸入の体験談を集めて漫画にしてみました。「でも漫画でしょ?」とは思わないでください。確かに表現手段は漫画ですが、漫画内に登場する失敗談などはすべて実話。漫画と同じようなトラブルに巻き込まれてしまうリスクもゼロではないのです。
個人輸入がどんなに危険なことなのか。漫画を通じて感じてみてください。

第一話 激しい副作用が・・・

佐藤のぼる(34歳)はある夜、勃たなくなった自分自身を自覚する。「EDにはバイアグラが効く」という情報を思い出して通販サイトをネットサーフィン。妻の明美は「個人輸入は危険」と注意するのだが――。

第二話 本物と比べたら・・・

身をもって偽造品の怖さを痛感した、のぼる。信頼できる医師の診断を受けて、正規品のバイアグラを処方してもらうが、手元に残していた偽造品と一緒にしてしまい、見分けがつかなくなってしまう。正規品と偽造品、見分ける手段はあるのだろうか――。

第三話 商品が届かず業者と連絡が取れない

佐藤のぼると同じ会社に勤める佐々木とおる(45歳)。実は佐々木もEDに悩まされていた。「バイアグラを安価に買えないか」と探していた佐々木の目に留まったのは個人輸入業者の通販サイト。早速注文してみたのだが、いつまで経っても商品は届かないのであった――。

第四話 ジェネリックは安心?

正規品のバイアグラを処方してもらうことで、往年の勢いを取り戻した佐々木とおる。しかし、バイアグラはほどほどに高価。あまりに多用していると高くついてしまう。息子の教育費などで家計を切り詰めている佐々木家に、救済策は見つかるのだろうか――。

第五話 もう少しで犯罪事件に巻き込まれる所だった

佐々木夫妻の息子・健太は大学生。遊びに使うお金を稼ぐためのバイトを探している健太は、羽振りのよい先輩から「楽して稼げる」バイト先を紹介してもらう。しかし、バイト先のオフィスは薄暗く、段ボール箱が山積みの怪しい雰囲気だった――。

このページのトップへ