ED治療薬の中毒性と過剰摂取を検証

ここでは、医学的にED治療薬の中毒性と過剰摂取について検証しています。

TOP > ED治療薬Q&A > 中毒、過剰摂取は?

中毒、過剰摂取は?

服用後にも残るような中毒作用は存在する?

吹き出し手を組む男性

バイアグラ、レビトラ、シアリスといった薬には副作用があると、このサイトでは何度か紹介してきました。また同時服用NGの禁忌薬などがあることも気を付けるべきでしょう。ところで、それ以外にもED治療薬に関して気を付けなくてはいけない点などはあるのでしょうか。
例えば気になるのは薬としての中毒性。市販されている薬については、そうした懸念がないものばかりなのですが、ED治療薬では中毒性について注意しなくてはいけないのでしょうか。
あるいは過剰摂取とされる量について。ED治療薬についてはどの薬にしても1日1錠までとされていますが、過剰摂取した場合、どうなってしまうのでしょうか。かなり極端な事例なども出てきているので紹介してみたいと思います。

バイアグラなどの中毒作用について考える

薬とは違いますが、麻薬には中毒作用があると言われています。中毒作用とは一度服用してしまうと服用を止めることができなくなり、継続的に利用してしまい依存していくことを指します。その意味で考えると、広い意味でタバコやお酒などにも中毒作用があると言えるのかもしれませんね。
バイアグラなどの薬については、中毒作用はあるのでしょうか。実際のところ、医学的に見ると中毒作用はないと言われています。けれど、EDになっている人は治療薬を飲まないとEDを克服できないことがほとんど。その意味では、継続的に服用することになる人がほとんどですから、薬としての中毒作用はなくても、精神的に中毒に陥ってしまう人が多いとは言えるのではないでしょうか。

バイアグラに一度頼ると抜けだせない?

バイアグラなどの薬は、EDになってしまった人向けの薬です。けれど、中には興味本位で試してみた人もいるかもしれません。そのような人の場合、一度バイアグラに頼ってしまったら、使用後に何らかのマイナスの影響はあるのでしょうか。
そんなことはありません。実際、まだEDでもない男性がバイアグラを試してみたところ、びっくりするほど効果が現れることに驚いたというような話は耳にしますが、その後、精力が減退した、EDになったという直接的な影響が出たとは聞いていません。EDでもないのに服用することはお勧めしませんが、後遺症になるような副作用がないことは覚えておいてください。

過剰摂取してしまうと一体どうなる?

これは海外のニュースですが、ロシアで「12時間SEXマラソン」にチャレンジした人がいたようです。この男性は長時間勃たすため、バイアグラを大量に用意。服用しながらSEXマラソンに挑んだところ、見事に偉業?を成し遂げることができたのですが、その直後に心臓発作で倒れ、死亡してしまったというニュースがありました。
そこまでの過剰摂取をすることはないでしょうが、ED治療薬の過剰摂取は禁物。日本では100mg版のバイアグラは認められず、50mg版までしか認められていませんが、過剰摂取せぬよう1日1錠というルールはくれぐれも守るようにしてください。

このページのトップへ