副作用を恐れて禁じられた100mg版

ここでは、日本で100mgのED治療薬が発売されない理由を紹介しています。

TOP > 個人輸入の危険性 > 日本で100mgが発売されない理由

日本で100mgが発売されない理由

RISK07

副作用を恐れて禁じられた
100mg版バイアグラ

バイアグラ、第三の選択肢

バイアグラ、第三の選択肢

日本で販売されているバイアグラの錠剤には2種類あります。25mg版と50mg版。有効成分であるクエン酸シルデナフィルの含有量によって分かれているのです。

実は、バイアグラには25mg版、50mg版以外に100mg版というものも存在します。文字通り、シルデナフィルが100mg含まれている錠剤です。

当たり前の話ではありますが、有効成分の含有量によって薬の効き具合が変わってきます。もちろん、含有量の多い方が薬の効果が表れやすく、程度も激しいわけです。血流もよくなりますが、その分、副作用も激しくなります。頭痛や動悸など、程度の激しい副作用を感じる人も多くなってくるのです。

そんな事情もあってか、日本では第三の選択肢となる100mg版のバイアグラは販売が許可されていません。100mg版では効果が強すぎて、一部の人には健康被害と言える域にまで副作用が生じると日本では判断されたのでしょう。日本政府が「ここまでは安全である」として認可を与えたのは50mg版までとなっています。

ちなみに100mg版を入手できることは無いと思いますが、50mg版など、有効成分が多めの錠剤を服用して副作用を強く感じた場合、1つ上手い解決策があります。それは1錠そのまま飲むのではなく、半分に砕いて2回に分けて飲むこと。そうすることで、半分の効果で抑えられることになりますので、バイアグラの副作用が怖い人なら、まずはそういう手段を試してみると良いかもしれません。

100mg版以外でED治療の特効薬になるものは

日本では100mg版のバイアグラを入手することはできません。個人輸入などの手段で100mg版のバイアグラやインド製のジェネリック・バイアグラの100mg版を手に入れることはできますが、それらは正規の手段ではありません。それなら、50mg版のバイアグラで効果が表れればよいのですが、50mg版でもED治療の効果を実感できない場合、日本のED患者はどうやってEDと立ち向かっていけば良いのでしょうか。

50mg版のバイアグラでも効果が得られなかった人に対して、提示できる選択肢は2つあります。

まず1つ目はレビトラやシアリスを試してみること。薬の効果の表れ方は個人差がありますので、ひょっとすると薬を変えてみることで劇的に効果が表れるかもしれません。特にレビトラはバイアグラよりも水溶性が高く、体内に吸収されるのも早くなっています。バイアグラの50mgで効果が出なかった人でも、レビトラなら効果が表れるかもしれません。

もう1つの手段は、患部に直接注射するタイプのED治療を受けること。これは奥の手とも言えるような手段なのですが、鬱病の薬などを服用していて、バイアグラなどのED治療薬が効きにくい人でも効果が出る治療法なのです。普通の病院では対応してくれませんが、ED専門のクリニックの先生に相談をしていけば、紹介してくれることもあるはずです。

100mg版のバイアグラが日本では手に入れられなかったとしても、あきらめなくても大丈夫です。医師に相談しさえすれば、解決策は見えてくるので本気でED治療に取り組みたいのなら、とにかく専門のクリニックに足を運んでみてください。

漫画で分かる!個人輸入の体験談

このページのトップへ