海外製のED薬ジェネリックは病院からの処方でも危険!

ここでは、海外製ジェネリックのED薬が何故、危険なのか解説しています。

TOP > 個人輸入の危険性 > 病院からジェネリック薬を処方されれば安全か?

病院からジェネリック薬を処方されれば安全か?

risk09

患者のことを考えない
悪質な病院には注意

未認可のED薬を病院で処方できるのか

非正規品ED薬ジェネリック

画像のような国内にて有効性・安全性等が確認されていない海外製の医薬品でも医師または歯科医師が関東信越厚生局薬事監視専門官に薬監証明申請すれば処方は可能です。ただし申請をする医師等が自己の責任のもと、患者の診断又は治療に供することを目的とし、患者にしっかりと厚労省未認可の海外製の薬剤であること、重大な健康被害が生じた場合に、その救済を図る公的制度(医薬品副作用被害救済制度)が対象外となること等を説明し、患者の同意を得た場合とされています。尚、提出する書類は以下の通り

  • ◆ 輸入報告書
  • ◆ 商品説明書
  • ◆ 医師免許または歯科医師免許のコピー
  • ◆ 必要理由書
  • ◆ 輸入した貨物の内容(品名・数量・内容成分等)を確認する書類

厚生局HPより参考→薬監証明の取得について|厚生局

この薬監証明とは海外製の薬剤が本物かどうかを成分分析をかけて調査するものではなく他者への販売・授与を目的としないこと等を厚生局が確認するためのものであり、薬監証明があれば本物である証明ではないとうところがポイントです。画像のような薬は偽物であると判断し服用するのは止めましょう。

病院からの処方でも偽物の場合がある

上記で説明した通り、薬監証明自体は本物である証明でもなんでもないことと、そもそも薬監証明の発給には以下の条件があるので薬監証明の申請をしていない可能性もあります。

  • ◆ 治療上緊急性がある。
  • ◆ 国内に代替品が流通していない場合。
  • ◆ 輸入した医療従事者が自己の責任のもと、自己の患者の診断又は治療に供することを目的とする場合に限る

こちらも上記の薬監証明の取得について|厚生局の文頭に記されている通りです。ED治療(勃起不全治療)やAGA治療(男性型脱毛症治療)には緊急性があるのか?国内にはバイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬が存在しているのに「国内に代替品が流通していない場合」に該当するのか?そのような理由から薬監証明の取得自体が怪しいと安易に察することができます。

また国内正規品よりも海外製、特にジェネリック大国のインド製のバイアグラ、レビトラ、シアリス等ED治療薬のジェネリック、プロペシアやザガーロ等AGA治療薬のジェネリックは、とにかく安いことから日本での需要が非常に見込めます。そこに悪質な業者は目をつけ偽物を数多く流通させているという危険性もあることを考えると病院からの処方であっても厚労省未認可の非正規品を服用するのは止めておいた方がよいでしょう。

病院からの処方であれば万が一のことがあっても安心なのか?

もちろん、病院からの処方であっても海外製のジェネリック薬は厚労省未認可なので万が一、重篤な副作用を生じてしまっても医薬品副作用被害救済制度の対象にはなりません。

薬監証明も「患者に処方をする医師または歯科医師の自己責任のもと」で発給しているわけですから国は「服用して何かあっても保障しませんよ」と言っていることと同然なわけです。つまり何かあれば処方をしてくれた医師または病院が補償してくれるものと考えるのが普通です。しかしながら、この手の未認可の薬剤を処方する病院はリスク回避のために処方の際に何かあっても服用をする患者さん自身の自己責任をなることの説明または誓約書へのサインをさせたりするようなのです。よく考えると薬監証明発給の条件である「医師または歯科医師の責任のもと」という約束を無視しているわけですから違法性の匂いもプンプンします。このような悪質な病院にはくれぐれも注意して下さい。

安全な正規品の処方を受けられる病院の選び方

病院に行ってから怪しいお薬を処方されても断るのも面倒。よって事前に安全な病院であることを調べておくことをオススメします。その方法は、以下の製薬会社が提供しているED治療薬の処方が受けられる病院検索のサイトを利用するのが一番です。

ここに掲載されている病院は正規品を処方しています。正規品のバイアグラ、レビトラ、シアリスを取り扱っている医療機関を各製薬メーカーが無償で紹介してくれるサイトです。掲載されている病院は安全です。しかし掲載されていない病院は製薬メーカーも掲載できない事情があって掲載していない。つまり掲載のない病院は偽物もしくは非正規品を処方している可能性が極めて高いということです。くれぐれも偽物をつかまされないようにご注意ください。

厚労省未認可のED治療薬を処方している男性専門クリニックで首都圏にて池袋、新橋、上野、横浜、大宮、渋谷、新宿、福岡博多(準備中)と展開するグループで上記病院検索サイトに掲載されていないクリニックです。注意して下さい。

漫画で分かる!個人輸入の体験談

このページのトップへ